【奥秩父】梅雨明け前に金峰山へ

こんにちは、オザ(@oz051619)です。

この頃は週末雨ばかり。

やっと梅雨が明ける、週末晴れる!と思っていたら、週末を目指して南の海にぽっと台風が出現する。

てんきとくらすで週末行ける山を探し回り、日曜日ならいけると決めて早朝雨が降る中を車で山梨県の金峰山へ。

中央道をひた走り、勝沼ICを降ります。

道の左右がブドウ畑という山梨県な風景を眺めながら大弛峠へ。

クリスタルラインという名前がついた峠道を30分以上ひたすら登り続けると今回の登山口である大弛峠駐車場に到着します。

金峰山登山口 大弛峠駐車場に到着

珍しく予報があたり、大弛峠駐車場付近は晴れ。

絶好の登山日和です。

この大弛峠、標高が2,360mあります。

なんと車が通行できる日本最高の標高の峠です。

金峰山に登るのは実はこれで2回目です。

台風の影響で週末の天気が雨かもしれなかったこともあり、以前登ったときよりも明らかに駐車場に停まっている車の台数が少ないように見受けられます。

大弛峠駐車場にはトイレもありますが、掃除されてないので下界で済ませてくることをおすすめします。

今日の登山には以前金時山に登ったときと同じ方法で水漬けパスタも仕込んできました。

余計な機能や装飾もなくシンプル。ドリンク以外にも行動食の持ち歩きなどなんでも使えて汎用性に優れています

2名分のパスタを仕込んできたので麺の量が若干多めです。

金峰山登山口へ

大弛峠駐車場からすぐに登山口です。

木漏れ日のなかを歩いていきます。

直前までたっぷり雨が降っていたので道はぐちゃぐちゃです。

樹林帯を歩いていくと、時折見晴らしの良い場所に出ます。

しばらく雨ばかりだったので、青空最高です。

解放感に浸りながら登山道を歩いていきます。

経由地点の朝日岳前の岩場です。

岩場からの見晴らしも最高です。

大弛峠から金峰山は地図上コースは短いですが、登山道を登ったり下りたりするので意外と歩きごたえがあります。

こんな道を登って、見晴らしの良い稜線上へ。

この稜線歩きが好きなんです。

この解放感を満喫します。

ゴツゴツした岩場を歩いてゆくと金峰山頂上の標識です。

若干壊れかけていて、傾いています。

金峰山山頂の五丈岩

金峰山山頂の有名な五丈岩。

人為的に作ったのではないかと思うくらい見事の岩塊です。

五丈岩を見事に上まで登りきると願いが叶うそうです。

山頂にいる間に4組くらい五丈岩にチャレンジしていましたが、誰も登れませんでした。

金峰山山頂での水漬けパスタ

山頂でお楽しみの昼ごはんです。

せっかくの水漬けパスタですが、今回は失敗しました、、、

麺じゃなくなってます。

苦し紛れにペペロンチーノを入れてみました。

なんだが、見かけが汚らしくなってしまってしまいました。

やはり粉っぽいと言いますか、水っぽくて美味しくなかったです。

大弛峠~金峰山登山コース

大弛峠~金峰山コースはコースタイム4時間弱といわれてますが、のんびり6時間もかかってしまいました。

下山中にゴロゴロと雷雲が近づいてきて、軽く雨に降られましたがほどよい疲労感で久しぶりの登山には最適でした。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

商社で営業マンとして多忙な日々を送りつつも、週末は山に通っている30代。 趣味は登山、ジム通い、料理、自転車(今は休止中)です。 小さい山から大きい山までいろんな山に登ります。 テント背負って一人で山に行くことも多いです。 最近は山頂での御飯が楽しみです。 このブログでは山の記録や山ごはん、街中でのグルメなどを紹介していきたいと思います。