こんなの欲しかった!無印で手に入る便利登山アイテム

登山をする方にとってザックのパッキングは永遠のテーマの一つだと思います。

登山に慣れてきたら、山にあれこれ持っていきたくなるもの。

あれもやりたいこれもやりたいと妄想や夢は膨らみますが、残念ながらザックの容量は無限ではありません。

テント装備だったら尚更です。

少しでも効率よくパッキングするために、省スペースで出来るだけお手頃なお値段のものを使いたいですよね。

今回はそんな登山者達の味方の無印良品のたためる仕分けケースです。

無印良品で楽しみなもの

日々の生活が快適になる便利グッズが低価格・高品質で揃っている無印良品では、アイデア次第では用途が無限に広がります。

お値段高めなアウトドア用品が多いなかで無印の商品が使えるならお財布にも優しいですね。

無印良品のこだわりのカレー

今までは無印良品のレトルトカレーが登山の楽しみの一つでした。

これは以前、群馬県の武尊山に登ったときにで作った山ごはんです。

無印良品ではオリジナルのこだわりカレーを販売しています。

スーパーで市販されているカレーよりも少し価格が高いものが多いですが、何故か山ではいつもカレーが食べたくなります。

お店で選んでいるだけで楽しくなりますね。

登山でエネルギーを大量消費したあとに山頂で食べるカレーは美味しさ抜群ですね。

今回手に入れた登山アイテム

たためる仕分けケース

たためる仕分けケースSです。

あまりのコンパクトさをわかって頂きたくて隣に腕時計を置いてみました 笑

実はこれ、広げるとジェットボイルにケースのサイズがぴったりなんです。

実際に収納してみるとジェットボイルだけでなく、登山用のステンレスコップやちょっとした食材も入れられます。

山ごはんの道具や食材を一つにまとめることができます。

仕分けケースを使わないときは畳んでしまうだけです。

上の写真にありますが、畳んでしまえば腕時計と同じくらいの大きさになります。

今まで使ってた仕分け袋

ちなみに今まではこんなものを使ってました。

これはどこの袋だと思いますか??

ご存知の方は知っていると思いますが、山中湖湖畔の紅富士の湯で頂いた袋です。

山中湖周辺で登山をしたときに有難く利用させていただいております。

たまに元旦のニュースでこんな映像が放送されてませんか。

初日の出が上っていく様子を露天風呂に浸かって眺める様子がテレビに流れています。

上ってゆく太陽や沈んでゆく太陽が富士山の山肌に当たって赤く見えることから紅富士の湯と呼ばれています。

本来はタオルを入れる袋だったような気がしますが、大きさが手頃なためずっとジェットボイルに入れるために使っておりました。

かれこれ数年間使っています 笑

まとめ

今回は限りあるザックのスペースを有効に使うための整理整頓アイテムのご紹介でした。

こんな便利なアイテムが税込890円です。

好日山荘などのアウトドア専門店でこれに似た道具を買ったらこんな安くは手に入らないでしょう。

とにかく登山は小物が多い。

すっきり収納しないとザックのなかがごちゃごちゃになってしまったり、沢山あるザックのポッケのなかで小物をどこに入れたかわからなくなってしまいます。

この仕分けケースに調理道具やフリーズドライの食材などを入れておけばあっちこっち探さずに済みます。

これからも登山を便利にするアイテムをご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

商社で営業マンとして多忙な日々を送りつつも、週末は山に通っている30代。 趣味は登山、ジム通い、料理、自転車(今は休止中)です。 小さい山から大きい山までいろんな山に登ります。 テント背負って一人で山に行くことも多いです。 最近は山頂での御飯が楽しみです。 このブログでは山の記録や山ごはん、街中でのグルメなどを紹介していきたいと思います。