【カレー好き必見】清里カレー ヴィラ・アフガンに行ってきた。

こんにちは、オザ(@oz051619)です。

先日、南八ヶ岳最南端の編笠山に日帰り登山をしてきました。

梅雨明け後、初めての登山で疲労困憊。

温泉でさっぱりしたあとに前々から気になっていた清里カレーを食べに行くことにしました。

いつも清里カレーはお決まりの八ヶ岳PAで済ませている私です。

八ヶ岳PAで食べる清里カレーも十分に美味しい。

でもやっぱりPAではなく本場のカレーを食べてみたい。

PAのカレーを食べただけで清里カレーを語ることはできないのです。

去年、登山後に清里カレーが食べてみたくてROCKという有名なカレー屋さんに立ち寄ったところ4時間待ちくらいで泣く泣く撤退したことがあります。

今回、こちらもまた有名なヴィラ・アフガンというお店に行ってみました。

清里カレーとは

元々、清里というところはなにもない荒地だったそうです。

関東での人口増加に伴い、ダムが建設されました。

ダムに沈んでしまう村の住人達の移住地が清里だったとのことです。

清里に移住した人達は荒地の開拓に従事することから始まります。

のちに清里開拓の父と呼ばれるポール・ラッシュ博士が清里へやってきます。

ポール・ラッシュ博士は様々なアメリカ文化も清里にもたらしました。

苦労の多い開拓民の労をねぎらうために収穫祭などもおこなったそうです。

清里カレーはそこを発祥としているとのことです。

ヴィラ・アフガン

インターネットで清里カレーと検索するとまず出てくるのが萌木村のROCKとこのヴィラ・アフガン。

ヴィラ・アフガンは小淵沢道の駅の延命の湯から車で15分程度のところにあります。

近くに公共交通機関もなく、お世辞にも交通の便が良いとは言えないところにあります。

ここのお店でこんなに混み合うとはどんな味なのかカレー好きとしては期待に胸が膨らみます。

お店の駐車場に車を停めてお店に行ってみると、お洒落な門前。

これが隠れ家風というのか、とってもお洒落です。

店内もアンティークな小物が沢山あってとってもお洒落。

でも、残念ながら店内撮影禁止です。

アンティークな小物の他にドライフラワーや鹿の角が沢山並んでいました。

玄関を入った一階は行列する店なのでベンチが並ぶ待ちスペース。

階段を登ったところがお店の入り口です。

入店は17時30分。

行列覚悟で入店したお店ですが、すんなりお店に入れました。

並ばずに入れたのは私までだったらしく、すぐに来た次の方からは1階で待つようにお願いされていました。

ショルダーベーコンカレー

基本的に店内では撮影禁止と書かれておりますが、カレーの写真だけはちょっとだけ撮ってもいいみたいです。

メニューを見るとすべてが美味しそうに思えるものばかりですが、ヴィラ・アフガンの看板メニューの一つはショルダーベーコンエッグカレーとのことです。

今回はどうしてもソーセージも食べてみたくなってしまい、エッグを抜いたショルダーベーコンカレーにソーセージをトッピングしてみました。

ちなみに溢れんばかりの御飯の量ですが、Sサイズ:御飯茶碗1杯 Mサイズ:御飯茶碗2杯 Lサイズ:御飯茶椀3杯で注文時に選ぶことができます。

山登りの帰りなのでお腹がペコペコでLサイズを注文しました。

カレーも辛さを選べるので一番辛いものを選んでみました。

出てきたのはこんなに肉厚のベーコンが載ったカレー。

これはちょっとだけルーをかけてみました。

ルーも一番辛い物を選んだのでピリピリする辛さです。

まとめ

山登りのあとのお腹ペコペコの状態での訪問だったとはいえ、これだけボリューム満点のカレーだったのでお腹パンパンになりました 笑

食べ終わってから階段を降りてみると待っている方が一杯でした。

最近ではお店で整理券だけ受け取れば、順番がきたら自動的にメールが来たりお店が電話してくれたりといったところが増えていると聞きますが、こちらでは呼ばれたときに店内にいないと順番を抜かされてしまうようです。

八ヶ岳の清里カレーと言ったらココというほど有名なお店なので一度は行っておきたいお店です。

ヴィラ・アフガン 基本情報
住所:山梨県北杜市大泉町西井出8240-3510
電話番号:0551-38-3148
営業時間:
[日・水~土・祝] 11:30~14:30
17:00~19:30
[月] 11:30~14:30
定休日:火曜日(祝日の場合営業、翌日休)

後日、カレー好きが高じて萌木の村ROCKにも行ってきました。

こちらも行列必須の清里カレー人気店です。

清里カレーと言ったらヴィラ・アフガンとROCKといっても過言ではありません。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

商社で営業マンとして多忙な日々を送りつつも、週末は山に通っている30代。 趣味は登山、ジム通い、料理、自転車(今は休止中)です。 小さい山から大きい山までいろんな山に登ります。 テント背負って一人で山に行くことも多いです。 最近は山頂での御飯が楽しみです。 このブログでは山の記録や山ごはん、街中でのグルメなどを紹介していきたいと思います。