【湯河原】静かな温泉街で食べる絶品ラーメン 麺の蔵

こんにちは、オザ(@oz051619)です。

神奈川県の最西端にある湯河原町。

湯河原町という名の通り温泉街というイメージしかない静かな町ですが、実は小田原系ラーメンと言われるラーメン店が数多く店を構える地域だったりします。

飯田商店という全国区で名が知られたモンスター級のお店があるのも湯河原町です。

今回はそんな知る人ぞ知るラーメン激戦区の湯河原町で「麺の蔵」というラーメン屋さんに行ってきました。

ラーメン 麺の蔵

どちらかといえば昭和から取り残されたような。

古い建物が立ち並んでいる湯河原町。

海岸沿いから129号線を曲がって湯河原駅のほうに向かう通り沿いに麺の蔵はあります。

グーグルマップやカーナビをセットして行かなければ見逃してしまいそうなこのお店。

実は湯河原町のラーメン人気店です。

平日でもランチ営業を始めてすぐにチャーシュー売り切れになってしまうこともあるとか、、、

実は縁あって前も一度訪問してことがありますが、緊急事態宣言中で休業をしていて入れませんでした。

前はなんのお店だったのかな?と感じさせる古い建物。

休日の11時30分くらいに訪問しましたが、既にお店の外まで人が並んでいました。

店内の様子。

20分程待ってやっと店内に入れます。

店内はお客さんで賑やか。

感染対策もおこなっているらしく客席間はアクリル板で仕切られています。

ラーメンの味は「正油」「塩」「味噌」、スープは「あっさり、こってり、ふつう」から選べます。

麺の太さも太麺と細麺から選ぶことが可能です。

今回は初めての期待値も込めて正油チャーシュー麺・こってり・太麺の大盛を選びました。

ただ、注文しようにも待てど待てど店員さんがつかまらない、、、

お店が忙しすぎるのです。

おそらく初老のご夫婦でやられているらしく奥さんと思われる女性が一人でオーダー・運び・片付け・会計をこなしていました。

決してサービスが悪いお店ではありません。

若干キャパオーバー気味でした。

待つこと10分程度でラーメンが到着です。

ボリューム満点の大盛ラーメンが届きました。

スープこってりを選んでいるのでスープに脂が浮いています。

この麺も独特。

太麺を選びましたが、家系でよく見かける太麺とはまた違います。

食感や喉越しも気に入りました。

太麺も美味しいのですが、チャーシューもポイントが高いです。

箸で摘まむと溶けてしまいそうな柔らかいチャーシュー。

行列に並ぶことが好きではない私ですが、待っても損はない味のラーメンでした。

まとめ

湯河原町に温泉に行くついでに立ち寄った麺の蔵。

ここまで美味しいとは思ってみませんでした。

小田原系ラーメンの特徴でもあるのですが、スープがしょっぱいと感じられる方も多いと思います。

私にはちょうど良いしょっぱさでした。

今回は正油でしたが、次は味噌や塩も食べてみたいなと思うお店です。

湯河原ラーメン麺の蔵 店舗情報
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町中央1-1651-1
営業時間:11:30〜14:15 18:00〜21:00
定休日:毎月第1火曜日 毎月第3火曜日 毎週月曜日

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

商社で営業マンとして多忙な日々を送りつつも、週末は山に通っている30代。 趣味は登山、ジム通い、料理、自転車(今は休止中)です。 小さい山から大きい山までいろんな山に登ります。 テント背負って一人で山に行くことも多いです。 最近は山頂での御飯が楽しみです。 このブログでは山の記録や山ごはん、街中でのグルメなどを紹介していきたいと思います。